ホルモンバランスが大事です

ホルモンバランスの乱れやストレスも肌に影響を与えています。
肌トラブルを改善するには、それらのこともきちんと知っておく必要がありますね。

シミやシワ、乾燥などに高い効果の出る化粧品もたくさんあるのですが、それだけに頼っていても真の美肌は手に入りません
もっと体の根本から原因を探ってみましょう。

生理不順の人けっこういますよね。
生理のリズムは肌年齢と関係があります。
生理の回数が少ない方が楽だし、と気軽に考えないでください。

卵巣から分泌されているプロゲステロン(黄体ホルモンとも呼ばれます)とエストロゲン(卵胞ホルモンと呼ばれます)という女性ホルモンが生理の周期をコントロールしています。

プロゲステロンは生理の前に量が増えます。
一方、エストロゲンは生理後に量が増え、その変化によって、肌の状態や体に変化が起こっているのです。

生理前は肌荒れが起こりがちですよね。
それはプロゲステロンのせい。
皮脂の分泌を増やす働きがあるからです。
むくみや便秘、のぼせもこのホルモンのせいです。

エストロゲンは、肌の調子を良くしてくれるホルモンです。
活性酸素を除去してくれ、コラーゲンを増やしてくれる働きもあります。
肌のコンディションが良くなることから、若返りのホルモンともいわれます。

このエストロゲンがあまり分泌されなくなってしまうと、生理の周期が乱れ、肌荒れも起きます。
ですから、ホルモンバランスを乱さないような生活を送ることが重要になってきます。

若返りホルモン、エストロゲン
こんな働きをしています。

☆肌の水分量を増やしてぷるぷる肌に。
☆コラーゲンを増やして、ハリのある肌へ。
☆活性酸素を取り除く
☆髪の毛を健康的に豊かに。
☆体のラインを女らしく
☆精神を安定
☆記憶力にもかかわっている

エストロゲンの分泌量は20代から30代までがピーク。
30代後半からは減っていき、40代を過ぎると急激に減ってしまいます。

エストロゲンが減ってしまうと、コラーゲンが減るので、しわが増えます。
骨そしょう症になりやすくなったり、精神的にも不安定になります。
髪の毛も薄くなり、記憶力も低下するといわれています。

生理の周期によって、肌の状態が変わるのを実感する人は多いでしょう。
生理前にたくさん分泌されるプロゲステロンは皮脂をいっぱい分泌します。
肌も敏感になっているので、ニキビやシミが出来やすくなります。
保湿をしっかりするスキンケアをしましょう。
ヘルペスや口内炎にもなりやすい時期です。
生理前は紫外線の影響も受けやすくなっているので、レジャーはなるべく避けたほうがいいかもしれません。
どうしてもというときは、しっかり紫外線対策をしましょう。

生理後はエストロゲンがたくさん分泌されるので肌は一気に調子が良くなるでしょう。
肌はぷるぷるで、ハリもアップ、ニキビもできにくいですよね。
排卵期までのこの時期に、美白などのケアをするのがおすすめ
効果が出やすいです。
肝斑などが気になる方はこちらのかんぱんにきく化粧品を参考にすると良いかもしれません。
ハイドロキノンをつかったケアが紹介されています。
肝斑を皮膚科で治療する場合は、第一三共ヘルスケアのサイト内に治療法が掲載されています。

ダイエットと肌の関係

無理にダイエットをすると、体が栄養不足を感じ、妊娠には適さない体と認識します。
そして、卵巣の機能が低下してしまうので、エストロゲン分泌量も減ってしまうのです。
ひどくなると生理不順や無月経にもなります。

エストロゲンは生理だけに関わっているわけではありません。
肌の若々しさやボディラインを女らしくすることもそうです。

急激なダイエットをするとしわが増えたり、バストが小さくなったりしますが、これは単に脂肪が減ったためだけではないんです。
エストロゲンが減ってしまったために起こっている現象でもあります。
怖いのは、卵巣の機能の低下はすぐには元通りにはならないこと。
ダイエットをやめてもすぐに健康な状態に戻るのではありません。
くれぐれもハードなダイエットには気を付けてください。

体重と身長の関係から算出される肥満度を表す体格指数、BMIというのがあります。

BMI=体重s÷(身長mx身長m)
の式で計算できます。

BMI20〜25が適正といわれていて、それ以下でもそれ以上でも、エストロゲンの分泌に影響があるとされています。
不妊の原因にもなるといわれているので、極端にさせている、あるいは太っている人は注意が必要です。
BMI22の85%以下が長期間にわたって続くと生理の乱れになります。

このエストロゲンですが、思春期頃から分泌量が増えます。
しかし、30代後半からはどんどん減ってしまうんです。
これはどうしても起こってしまう仕方のないこと。
そこで、効率よく補給したいと思いますが、薬で補充することはできません。
なぜなら、多量に摂取すると乳がんのリスクが高まってしまうからです。

ですから、女性ホルモン様物質を代わりに摂りましょう。
女性ホルモン様物質とは、エストロゲンににた作用を持つ成分のことです。
例えば、大豆に含まれる大豆イソフラボンが有名です。
サプリメントも市販されていますが、食品から摂取したほうが体への吸収が良いので、食事で補いましょう。

大豆イソフラボンは大豆や大豆製品に含まれています。
とうふや納豆、豆乳、きなこなど比較的普段の食事で摂取しやすいですよね。

昔、大豆イソフラボンを摂取すると、乳がんのリスクが高まるとうわさされていましたが、現在は否定されています。

大豆イソフラボン以外では、漢方薬として利用されている「当帰」やフランスに生えている松の樹皮から抽出される成分の「ピクノジェノール」などがあります。
漢方薬やサプリメントで摂取できます。

この夏はおへそを出すファッションがまた流行りだしましたね。
着やせして見えることもあって、人気なのはわかりますが、体を冷やしてしまうのであまりお勧めはできません。

エストロゲンを減らさないためには骨盤周辺の血行を良くすることも大事です。
血行が悪くなる原因は「冷え」なんです。
股上の浅いパンツやおへそを出すような服装は体を冷やしてしまいます。
腰回りをなるべく冷やさないような服装にするよう工夫したほうが肌のためです。

他にも体をギュッと締め付けるような服装や長時間座りっぱなしなどの生活も血行を悪くしてしまうので注意してください。
適度な運動がおすすめです。
運動すると体も温まりますし、筋肉がほぐされ血行も改善されます。
血行が良くなると、肌の新陳代謝が活発になるので、くすみが解消されたり、シミの元メラニンが排出されやすくなってシミも予防されます

更年期について

閉経はだいたい50歳前後です。そして閉経をまたいで10年くらいが更年期と呼ばれます。
更年期の症状として、イライラする、無気力になる、落ち込む、めまい、頭痛、耳鳴り、頻尿、排尿痛、尿漏れ、膀胱炎、シミやしわが増える、肌が乾燥する、髪の毛が減る、腰痛、首がこる、肩がこる、関節痛、のぼせ、冷え、動悸、息切れ、不眠、膣カンジダ、陰部の乾燥などなどがあります。

女性ホルモンのバランスが乱れるためにいろいろな症状が出ます。
多いのはのぼせや冷え、頭痛、肩こりなどです。
運動や体を冷やさないことが重要です。
人によって、症状の現れ方や強さが違いますので、あまりにひどい場合は病院で相談しましょう。
症状や体質に合わせて、薬や漢方薬を処方してくれます。

パワー相互リンクGOOD  女性 抜け毛  京都 結婚相談所

Copyright © 女性の心と体と肌の密接な関係 All Rights Reserved.